診療録直結型全国糖尿病データベース事業

研究概要

HOME > 研究概要 > J-DREAMSデータ利用

J-DREAMSデータ利用

1. 自施設内データの利用

ご自由に行っていただいて構いません。
研究開始の報告を義務付けてはおりませんが、当事務局までご一報いただければ幸いです。

2. 全施設データの利用

J-DREAMS全施設データの管理及び利用規程は、以下の資料をご覧ください。

【資料】J-DREAMSデータの管理及び利用規程 最終版 [PDF形式: 162KB]

当事業で蓄積されたデータを用いて多くの研究を実施していただきたいと考えております。
データ利用の優先順位は以下の通りです。

  1. J-DREAMS参加施設
  2. 日本糖尿病学会員
  3. 企業等共同研究のご提案を受け付けております。お問い合わせよりご連絡ください。

【全施設データの利用方法】

貴施設で研究計画の倫理委員会への申請

貴施設を親組織、国立国際医療研究センターを従組織として申請ください。中央一括審査にも対応します。

貴施設で承認後、当センターで倫理申請・実施許可申請

承認された研究計画書類を当事務局までお送りください。当センターで倫理申請もしくは実施許可申請をします。

当事務局へJ-DREAMSデータ利用申請書類の提出

規程を必ずご確認ください。以下の申請書に記載の上、提出書類を添えて当事務局までお送りください。

J-DREAMS合同委員会にて研究内容・データ利用審議

審議に2週間程度お時間いただきます。

承認完了・研究開始

どちらも承認されましたら、ご連絡致します。研究を開始してください。

全施設データは当センター外への持ち出し不可の為、データ解析者をセンターの客員研究員として派遣いただくか、代理で当センターの研究員が解析することになります。

TOP